So-net無料ブログ作成
検索選択

直火式エスプレッソメーカー [Foods]

先日、知人からエスプレッソメーカーを頂戴しました。

家電量販店で売っているエスプレッソメーカーを見ていると “たかだかコーヒー1杯のために大事だな” という気分にさせられますが、ああいったごたいそうなものではなく、いたって原始的な 「直火式エスプレッソメーカー」。薬缶よりも小さいくらいのサイズです。

しかし・・・、Amazon なんでも売ってますね。。。
感心するやら、あきれるやら。。。

モン・パス・タン エスプレッソメーカー(3人用)

モン・パス・タン エスプレッソメーカー(3人用)

左下が、現物。Amazon の写真より現物のほうが見栄えがいいです!
果たして、どのようなお味なのか ・・・ さっそく淹れてみました。

構造はいたってシンプル(右上)。大きく3つのパーツに分かれています。一番下に水を入れる容器、その上がコーヒー・フィルター、一番上が、出来上がったエスプレッソが収まる部分になっています。

なんだか、サイフォン式のコーヒー・メーカーに構造が似ているような気がする。。。
もしかしたら、出来上がりの味も似ているのかも知れません。。。

7717867.jpg

まずは、分解した一番下の容器に水を入れます。

これがコーヒーフィルターの部分。下に突起がついていますが、その突起部分から水が上がってくる仕組みになっているようです。


7717932.jpg

水を入れた容器にフィルターをかぶせ、フィルターにコーヒー豆を入れます。エスプレッソ用に細かく挽いた豆を使います。我が家は挽き方を変えられるグラインダーがあるので、それを使用しました。

ない場合は、スターバックスに持っていって挽いてもらうという手もあります。スターバックス以外で買った豆でも挽いてもらえるというのが、あの店のよいところ。


7717934.jpg

あとは、すべてのパーツを組み立てて火にかけるだけ。 エスプレッソと言えば、水圧で一気に抽出するものだと聞いていたので、強火で一気に淹れるのかと思っていたのですが、弱火~中火でよいようです。


7717938.jpg

火にかけて 2~3分ででき上がり。
ゴボゴボ言うので、それができ上がりの合図です。

フタを開けてみると、濃そうな茶色い液体が。。。
通常、エスプレッソには、クレマと呼ばれる白い泡が表面にできますが、直火式だと圧が足りないのでしょうね。クレマはできてませんでした。


7717957.jpg

マグカップにあけてみると、2つのカップにそれぞれこれくらいずつ。

一口飲んだみましたが、やはり濃い!
ちょっと、お腹にきそうだったので、お湯で薄めました (笑)。


 

クレマができないとはいえ、味はエスプレッソの特長をちゃんと感じられました。
残念ながら、お湯で薄める前に味を評論できるほど、舌は肥えていないのですが、お湯で薄めた後でも、同じ豆を使って淹れたコーヒーとは違う味わいでした。ドリップで淹れるコーヒーよりも、もっと香りが強く、ゴクッと飲み下した後に、甘い香りが鼻に上ってきます。たかだかこれだけのことで味が違うのですから不思議なものですね。

数万円するエスプレッソメーカーを買わなくても、直火式で充分かも。直火式なら数千円ですからね、かなりコスト・パフォーマンスは高いかもしれないです (笑)。

普通なら、カフェ・ラテ か カプチーノ でも作ってみたくなるのでしょうが、残念ながらブラック派の私は、ここでお終い。次は、ちゃんとエスプレッソ用の豆でも買ってみるか・・・。

淹れ終わった後の豆は、水蒸気による圧がかかったせいか、フィルターの中でカチカチになっていました (左下)。見ていて、なんだか美しいなぁと思い、写真におさめてみました。


nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 7

コメント 14

mariko

コーヒーの香りがこちらまで届きました♪
以前はブラック派だった私。
悲しいことに今はコーヒーを飲むと、
胸焼けするようになってしまいました。
なのでどうしても飲みたい時は、ラテを頼みます。
by mariko (2007-05-27 12:48) 

ふみふみ

コヒーの匂いに釣られてきました。。^^

普段は、ネスカフェ、ゴールド・ブレンドですが、
たまには美味しいコヒーが飲みたいところ。。
やはり、自分で入れるコーヒーが一番美味しいんでしょうね。。
by ふみふみ (2007-05-28 00:07) 

エスプレッソは、濃い食事の後に欲しくなりますね。
間違っても、空腹時に飲むものではないです(笑)
先日もそれで、一日胃が痛かったですよ。
by (2007-05-28 00:40) 

Akira

-- mariko さん --
体質的に受け付けなくなってしまったんですね。。。
ラテも香りのよいコーヒーで淹れないとおいしくないですからね。
飲みたい! と思ったときに、おいしいコーヒーに巡り会えるとよいですね。

-- ふみふみさん --
以前、上質な豆を知人から頂いたので、コーヒーメーカーで淹れてみたら、まずかった(笑)。文句を言ったら、挽き方と淹れ方を変えてみろと言われて再チャレンジ。今度はおいしかった! (笑)
私は、自分で淹れる派ですが、自分で淹れるのもなかなかたいへんです(笑)。

-- ゆきさん --
本場のエスプレッソは、やはりデミタスカップで濃いのをクイっと飲むらしいのですが、そんなことすると、私もお腹が痛くなる。
エスプレッソメーカーをくれた知人に聞いたところ、
「濃いまま飲むからいかんのだ」 とシンプルなお答えを頂きました。
エスプレッソ抽出は、香りを引き出すための淹れ方なので、その後の飲み方は自由なのだというのが、その知人の主張。
まあ、食べ方も飲み方も、もともとルールなんてありませんからね。言われてみれば、知人の言う通りなのかもしれません。。。
by Akira (2007-05-28 04:44) 

masugi

我が家もコレでーす♪
相方からはこのエスプレッソをカルピス原液
のような割合にして牛乳で割ったカフェオレを
毎晩頼まれます~。
by masugi (2007-05-29 19:30) 

澪

コーヒー飲めないんですぅ。
おこちゃまだからでしょうか…。
でも、自分でお手製のコーヒーがのめるっていいですよね。
優雅なひと時を味わえそうです。
by (2007-05-30 23:29) 

Akira

-- masugi さん --
旦那様は、眠りたいのでしょうか? 起きていたいのでしょうか? (笑)

-- 澪さん --
面倒くさいから、インスタントとかになりがちですが、料理も、飲み物も、ひと手間かけたものは何でも、おいしいのじゃないかなって思います。
by Akira (2007-05-31 21:45) 

すずめ

私はこのミルが欲しかったんだけど、いま取り扱ってないみたいで残念。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/B000EAMN56/ref=dp_image_0/503-5827708-5183168?ie=UTF8&coliid=I11CQD0N2TS3A4&n=3828871&s=kitchen&colid=14KQ8GI6M2AJA
by すずめ (2007-06-01 09:41) 

Akira

-- すずめさん --
手動のミルですか。しぶいですねぇ。
エスプレッソ、ドリップ、コーヒープレスといろんな飲み方があるので、ブレード式のミルだけだとしんどいですよね。でも、ものぐさな私は、手動式のミルにまでは踏み込めないかもしれない・・・。
by Akira (2007-06-03 06:56) 

すずめ

このミルは絵画教室の先生が持ってて、何度か豆を挽いたんですが、ハンドルが大きいので軽い力で豆が挽けて、しかもワクワクするんですよ〜
by すずめ (2007-06-05 13:24) 

Akira

-- すずめさん --
そうなんですか、豆の香りが広がるのを感じながらワクワクできるのを想像すると、なかなか幸せなひとときのように思います。
手に入るとよいですね。
by Akira (2007-06-06 01:44) 

ichiko

たまに飲みたくなるだけだから、マシンを買うほど
では、と思っていたのでこれは手軽でいいですねぇ。
by ichiko (2007-06-09 13:22) 

Akira

-- ichiko さん --
マシンはけっこう場所とるし、お値段もするし、
私もよく売り場で悩みながら唸ってました。
たまに、結婚式の引き出物で、カタログのなかからどれでも選べる・・・みたいなのがありますが、そういったカタログの中に含まれていることもあるみたいですよ。機会があれば、是非、どうぞ。
by Akira (2007-06-10 17:17) 

通りすがり

お友達からもらったのとアマゾンの写真の製品とは似て非なる物です。
お友達からのはビアレッティ社のモカ・エキスプレス。アマゾンはそれのコピー商品です。ちなみに通りすがりの私はコピー商品を使っております(笑

ヒゲのおじさんの有る無しで見分けてあげてくださいね。
by 通りすがり (2008-03-02 17:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。