So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ロシアから電話/Back In The U.S.S.R. [Blogs]

何年か前のこと。オフィスの人影もまばらになり始めた夜の8時頃、
会社で仕事をしていると電話がかかってきました。

「私、××× ××× と申します。こちらは、ITのセクションかしら?」

なまりのある英語をしゃべる女性からのお電話。
耳慣れないお名前で、聞き取れず。どこの国の人だか見当も付かず。。。

Akira: いいえ、違いますが。

女性: ITの担当の方とお話したいのだけど

セールスか、ヘッドハントか? 面倒くさいなぁ…

Akira: どういったご用件でしょうか?

女性: 2月3日の土曜日に、キエイヨ プラッザ ホテール で、ROBOT ××× を開催するので、ご案内を差し上げたいの。あなた、キエイヨ プラッザ ホテール ってどこにあるかご存知? 私も、金曜日から、初めて日本に行くのよ。

ずいぶんとフレンドリーなお方。。。
ROBOTってことは、先端技術だから、そこそこ大きな会社なのかな…?

Akira: 京王プラザホテルですね。都心の大きなホテルですよ。ちょっと待ってくださいね。今、IT部門の電話番号を調べますから、そちらにかけ直して下さい。

女性: このまま電話を転送してもらえないかしら。

Akira: ビルが違うから転送できないんだ。ごめん。ちょっと待ってね。

もともとビジネス英語の身についていない私も、だんだんともだち口調に…

( 沈 黙 )

女性: あなた、日本人?

Akira: そうだよ。なんで?

女性: 英語圏の人と話しているみたいだったから…お名前は?

Akira: 名前は Akira、純粋な日本人だよ。

女性: 日本には "Akira" っていう名前が多いのね。今日だけで4人の Akira に会ったわ。あなたが5人目よ。たぶん。

ちょっとそれは多すぎだろ。

Akira: よくある名前だけど、5人は多いね(笑)。いったい何件、電話したの?

女性: 忘れたけど、1日中電話してるわ。

すでに、ITの電話番号の調べはついているのだが…
この人、完全におしゃべりモードに入ってる。ところで…

Akira: あなたはどこから電話してるの?

女性: ロシアよ。IBM RUSSIA に勤めてるの。

Akira: IBM ロシア! それでIT担当と話したかったんだね。

女性: あなたはITとは関係ないの?

Akira: ボクがいるのは●●部。残念ながらITとは関係ないねぇ。

本当は、そうでもないのだが…

女性: そう、残念ね。 でも、いいわ。せっかくだから、あなたイベントにいらっしゃいよ! 私も、会場にいるからお会いしましょ!

おいおい。

Akira: (笑) ロボットなんて分かんないよ。それに、こんなとこでおしゃべりしていていいの?

女性: これが国際電話だってことは十分わかってるけど…私、日本に行くの初めてなの…おヒマだったら顔出してね。

おいおい、その “私、日本に行くの初めてなの…” はなんなのさ。

Akira: アハハハ

なんだか、日常的には有り得ない状況に笑い出してしまいました。
突然、ロシアからかかってきた電話で、コールドコールに飽きた女性と無駄話して、
なんだかちょっとあやしい雲行きになっているのだから、笑うしかないですよね。

女性: なんで笑うの。わたし、なんかおかしなこと言った?

Akira: いやいや、なんだかちょっと可笑しくて。。。

女性: ねぇ、なんで笑うの?

Akira: ゴメン、ゴメン。ITの電話番号お伝えしますね。+81-3-5●●●-●●●●

女性: もう……ありがとう。かけてみるわ。さようなら。

Akira: Good Luck!

ふぅ。こんなこともあるんだな…と思っていたら、10分後にふたたび電話がかかってきました。

「Akiraさん、お願いします。」 ― また同じ女性。

Akira: 番号違ってた?

女性: いいえ。つながっただけど、担当の人につないでもらえないのよ。

Akira: そう。

女性: 誰か、ひとりITの方の名前を教えてもらえを教えてもらえないかしら。

Akira: 残念ながら、それはできないなぁ。

女性: どうして?

Akira: 会社のポリシー (社内ルール) だから。

とっさに、ポリシー というIT用語を選択。

女性: そう。ポリシーなの。。。だから他の会社でもなかなかつないでもらえなかったのね。。。

Akira: そうだね。同じポリシーを持っている会社は多いだろうね。

女性: そう。残念ね。ありがとう。

Akira: Good Luck! Bye.

さすがに、ちょっとションボリしたご様子。
しかし…きっと 「ポリシー」 という単語の選択が、予想以上に功を奏したのでしょうね。
おしゃべりモードのときとは打って変わった往生際のよさでした。

さすが IBM! 妙に感心してしまいました。

結局最後まで名前の分からなかった彼女は、日本を満喫できたのでしょうか???
大変そうだったけど、がんばってくださいね。

帰宅時には、これを口ずさんで寒さをしのぎました(笑)。

Back In The U.S.S.R. - Billy Joel
http://youtu.be/M0NyXmfEykM
>> 歌詞: Back In The U.S.S.R.

KOHUEPT (Live in Leningrad)

KOHUEPT (Live in Leningrad)

  • アーティスト: Billy Joel
  • 出版社/メーカー: Sony
  • 発売日: 1998/10/20
  • メディア: CD


nice!(1)  コメント(0) 

電通鬼十則 と 責任三カ条 [Blogs]

Wikipedia で 電通 と調べると、「鬼十則」 と 「責任三カ条」 という項目が現れる。
内容はこうです。

 

鬼十則

  1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
  2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
  3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
  4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
  5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
  6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
  7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
  8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
  9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
  10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

 

責任三カ条

  1. 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない。
  2. 一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤る如き者は百害あって一利ない。正に組織活動の癌である。削除せらるべきである。
  3. 我々にとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。我々の仕事は突けば血を噴くのだ。我々はその日その日に生命をかけている。

 

かなり体育会、かなり肉食系です(笑)が、その根底にある Philosophy に共感してしまうのは私だけでしょうか。ここまで強烈な言葉を使わなかったとしても、少なくとも、自分は仕事を自ら創る人間に、一を聞いて一を完全に行う人間に、願わくば、一を聞いて十を知る人間になりたい。


nice!(0)  コメント(0) 

Summer Breeze [Blogs]

Summer Breeze

暑中お見舞い申し上げます。
ここに投稿するのは4年ぶり!です。

仕事でブログを書くようになってから、めっきり、自分のブログを書く気力が湧かなかったのですが、最近になって過去を振り返ることが増えて、また書いてみようかな。。。と思ったりしています。

一時の気紛れかもしれませんが、また、以前のように頻繁に更新できるとも思わないのですが、ゆっくりやってみたいと思います。

Von Voyage!!


タグ:暑中見舞
nice!(0)  コメント(0) 

伊達の牛たん - 芯たん焼き [Foods]

極厚の牛タンに舌鼓

目をつむって、あなたが過去に食べた最も厚い牛タンの歯ざわりを思い出してください。

それを三枚重ねにしたらどうでしょう?
三枚重ねの厚み、ほどよい弾力と甘みのあるタンを、あなたの歯が噛み切る感覚を想像してみてください。それが、仙台にある 「伊達の牛たん」 自慢の数量限定メニュー 「極厚牛たん芯たん焼き」 のだいご味です。

仙台と言えば…

7月に出張で訪れたのが仙台。仙台と言えば牛タン! ということで、ホテルのベルデスクとタクシーの運転手さんのオススメで訪れたのが 「伊達の牛たん」 さん。
他にもたくさんおいしいお店があるようですが、直前の訪問場所に近いことが決め手になり、こちらにお邪魔しました。

聞いた話では、仙台の方は “My牛タン屋” があるんだとか。私は●●屋さんが好きとか、それぞれお気に入りのお店があるのだそうです。

他にも仙台と言えば、冷やし中華、笹かまぼこ、ルーズソックス、え~と忘れた(笑)・・・が発祥なのだそうです。お会いした取引先の方にたくさん教えて頂いたのですが、覚えきれず・・・(苦)。ごめんなさい。しかし、“そんなにたくさんあるんだ” と驚いたことだけは記憶しております。とにかくたくさんあるのです。これは確かです。

あらためて伊達の牛たん

ランチで伺ったので、定食でいただきました。「極厚牛たん芯たん定食」、ご飯とスープが付いて 1575円。奮発して とろろ 157円 も付けて、牛タン麦とろ飯でいただきました。
少し高めですが、職場の近くにあれば月に1回くらいは行きたいお店でした。

伊達の牛たん本舗本店

 

伊達の牛たん ホームページ
http://www.dategyu.jp/


nice!(6)  コメント(7) 

うに・いくら丼 @ 北海道 [Foods]

無条件にフォトジェニックな一品

「うに・いくら丼」 って、本当にフォトジェニックな食べ物だなって思います。
写真を載せたら、もう説明不要・・・っていう気分になってきました(笑)。
魚介類や甲殻類がダメな方はなんとも思わないのかもしれませんが、ウニが大好きという方には、無条件に美味しそうに見えるのではないでしょうか。

「ウニと言えば北海道でしょ」 と思っているのは私だけでしょうか?
テレビの影響なのか、私の場合、「ウニ」 という単語の第一想起は 「北海道」 です。

・・・ということで、北海道 (またまた出張ですが・・・) に行った際に食べてきました(笑)。
慌しいスケジュールでなかなか時間がとれず、結局食べたのは千歳空港にあるお店の中。それでも変わらずフォトジェニックな 「うに・いくら丼」 でした。

訪れたのは8月のはじめ。猛暑で北海道も30℃を超える気温でした。
寒さ対策は万全の北海道も、冷房がないのが常識らしく、札幌の大通公園の噴水の周りはこのとおり。日差がの強く、本当に写真のような白っぽい色彩感の中で子供たちは噴水に足を浸してパシャパシャと大はしゃぎしてました。羨ましい!


nice!(8)  コメント(9) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。